青年会議所とは

青年会議所って?

社会の若きリーダーとなる責任感を持った20歳から40歳までの青年が集まり、よりよい社会作りを目指して、様々な活動を行う団体です。

『個人の修練(TRAINING)』
『社会への奉仕(SERVICE)』
『世界との友情(FRIENDSHIP)』

という三信条のもと、「明るい豊かな社会を築き上げる」ことをメンバー共通の理想とし、会員相互の啓発と交流をはかり、公共心を養いながら、地域との協働により社会の発展に貢献することを目的としています。
世界では、117ヵ国の地域に約16万人の現役メンバー、約250万人以上のOBメンバーを有し、日本では、全国695の地域に約4万人の現役メンバーが在籍しています。
毎年11月には世界会議が開催され、世界中のメンバーが一堂に会する重要な国際交流の場となっています。

青年会議所の基本理念

1950年5月1日に、現在の日本青年会議所の前身であるJC懇談会の中で、JC運動の行動綱領としてこの三信条が採択されました。
青年会議所は活動の基本を「修練」「奉仕」「友情」におき、会員は「明るい豊かな社会を築き上げる」ことを共通の理想としています。
また、会員相互の啓発と交流をはかり、公共心を養いながら、地域との協働により社会の発展に貢献することを目的としています。
JCの会員は、常にこの三信条を心のスタンスとしてもって行動をしています。

JCI国際青年会議所

米国ミズーリ州セントルイスの小さな青年社会活動から生まれ、全米、そして世界へと広がっていったJC運動の国際機関であり世界最大の青年団。日本は1951年に加盟。

NOM日本青年会議所

全国的レベルの運営についてLOMと連携し総合調整にあたる。国家青年会議所として政策運営を行い、国際的に国を代表する。ブロック、地区、NOMはすべてLOMからの出向者によって構成される。

LOM各地青年会議所

都市ごと、あるいは市部・町村が集まった形で組織され、すべての会員はLOMに所属する。

あきる野JCでは新会員を募集しています。 あきる野JCでは新会員を募集しています。