次世代育成委員会 事業方針・事業計画

委員長 大川 祐司

事業方針

秋川流域は高齢化が進展しており、経済活動を牽引していく人口が減少しています。秋川流域をより活性化させていくためには、メンバー自身の成長と組織力の向上を図り、まちの発展に貢献出来る次世代のリーダーとなることが必要です。

 まず、例会ではJC運動の目的を理解し、青年会議所の使命やめざす未来、運動の価値を考えます。そして、目的を明確にすることで達成への道筋を描き、的確な判断が出来るスキルを身につけ資質向上に努めます。この機会をとおして、メンバーの心の変革を図り、明るい豊かな社会のためにより強い組織を構築します。

また、地域の発展のためにどんな困難な課題にもあきらめず挑戦し続け、新たな道を切り拓くための力を育みます。指導力や人間力を学び、まちの発展に貢献出来るリーダーを育成します。

そして、新入会員には研修を通じてJCの基礎を学んでいただきます。そこで学んだことを新入会員が中心となり例会を創り上げ、メンバーと共にJC運動の理解を深めることで、今まで以上に組織としての一体感を生み、力強い運動が出来ます。

 私たちが自己研鑽し成長することで、まちの発展に貢献出来る次世代のリーダーとなり、地域から共感される組織になると確信します。委員会メンバー一丸となって運動してまいりますので、一年間よろしくお願い致します。

事業計画

  • 会員の資質向上に関する研修の企画・実施
  • 地域の人材育成に関すること
  • 経済に関すること
  • 新入会員の研修に関すること
  • その他、運営規定第13条に規定する事項
あきる野JCでは新会員を募集しています。 あきる野JCでは新会員を募集しています。